船井総研デジタル採用サイト

RECRUITING SITE

代表メッセージ

REPRESENTATIVE MESSAGE

代表取締役社長 柳楽 仁史
代表取締役社長

柳楽 仁史

船井総研デジタルについて

「DX推進」というワードに代表されるように、デジタルテクノロジーを経営に取り入れる動きが活発化しております。
当社グループにおいてはこれまで、船井総合研究所が中心となってDXコンサルティング分野を牽引してまいりましたが、今後はITコンサルティングやクラウドシステム開発、デジタルマーケティングオペレーションなどの領域もワンストップで対応することを目的として、船井総研デジタルの設立に至りました。
もともと船井総研コーポレートリレーションズが得意とするWEBマーケティング・営業支援・BPOコンサルティングにおける強みと、新和コンピュータサービスのシステム受託開発の信頼と実績、エンジニアの採用・育成力などを掛け合わせて、新たな事業・サービスを創出してまいります。

会社に込めた想い

社名を決める際に、<船井総研デジタル>という、シンプルでド直球の社名に挑戦しました。そこには、「船井総研グループ内での、デジタル領域を我々がリードしていく」という意味合いが込められています。
それを前提に、当社の掲げるMissionとVisionを説明いたします。

ー Mission「デジタルテクノロジーで人と企業の成長をリードする」

まずは、デジタルという会社名にもあるとおり、”デジタルテクノロジー”です。そもそも、デジタルというのは、「人」のためにあるもので、目的ではなくて手段です。
次に、”人と企業”という部分では「人」を先に置いています。人の仕事を快適にしたり、人の生活を豊かにするために存在しているものなので、そういった想いを込めました。
そして、”成長をリードする”というのは、まず「自分たちが先駆者になる」という意味が含まれています。
私たちは船井総研デジタルを介して、このミッションを実現していきます。

ー Vision「SMEイノベーションパートナー」

”SME”とは、「Small Medium Enterprises」の頭文字を取ったもので、いわゆる中堅中小企業ということです。
なぜここなのかというと、船井総研グループでは中堅中小企業向けのコンサルティング会社として、豊富な顧客基盤があるためです。
そんな中、近年では大企業と中堅中小企業の間でのデジタル活用度合いの格差は開き、お客さまよりデジタル活用に関するご相談をうけることが多くなりました。
そこで私たちは、一番DXのサポートを必要としているのは、中堅中小企業ではないかと考えました。
DX化を必要としているお客さまに寄り添い、一緒に変革を起こす”イノベーションパートナー”でありたい、そんな想いがこめられています。

今後仲間になる人へ

変化や変革というものに対して、当社のスタッフは前向きです。
代表である私に付き合わされて、みんなもずっと変化ばかりしていますので、そうなったのかもしれません。笑
今までも、目の前に壁が立ちはだかる度に、全員で力を合わせて乗り越えてきました。
ですので、社員同士の一体感や、仲の良さというのが一つの文化じゃないかなと思います。

そんな当社で活躍している人は、自分の役割や期待されていることを把握し、責任を持って行動できる方です。
ただ、根本として「全てのことに対して、自分事のように考えられる思考力」は大事だと思います。
船井総研グループの創業者の舩井幸雄さんの言葉でいう「親身法」です。

仲間になってくれる人には、自律している人、または、自律したい人と一緒に働きたいです。
「自律」とは、自ら律するという字を書きますが、自分で考えて自分で行動できる、かつ自分の行動に責任を持てるということです。
近年、情報が錯綜する中で、マニュアル化された方が増えているように感じますが、当社での成長には、自律的で、自分の言葉でコミュニケーションが取れる能力が不可欠です。
そして、縁あって仲間になってくれた人には、社員全員で全力でサポートします。仕事を通して、自身とスキルを身につけて幸せになってほしいので。
その為には、まずは会社を好きになっていただけたら嬉しいですね。
会社を好きになると仕事も楽しくなりますので。

代表取締役社長 柳楽 仁史 サイン