PEOPLE

人を知る

吉本 直史

2012年4月入社
新卒
ITコンサルティング事業
/部長
バックオフィスの新たな価値を創造するパートナーを目指す

バックオフィス業務を見直し、稼げる部門やスタッフへ

私は2021年からバックオフィスコンサルティング事業の責任者を努めています。当事業のサービス領域はバックオフィスの業務の可視化からRPA導入を含めた生産性向上、そして実際に業務を実行し改善する現場社員を含めた組織活性化です。

一般的に業務改善はコスト削減や生産性向上を主眼としている事が多いですが、私たちのゴールは「稼げるスタッフ」への変革です。生産性向上を目指した業務改善を行うことで余剰の時間•人員が生まれます。

その余剰分を付加価値の高い業務や役割にコンバートすることで、会社の収益に貢献する「稼げるスタッフ」につなげていきます。課題改善をした後にお客様が実現したい「あるべき姿」のために、経営層はもちろん、現場スタッフにも寄り添いながら、バックオフィスの領域から収益貢献を目指す支援をしています。

この事業は当社で取り組んできた業務改善の経験を事業化したもので、上記のプロセスは私たちの会社が取り組んできた内容そのものです。当社は2014年に創業後、グループのシェアード会社としてミドルオフィス側で業務を行い、管理会計の導入、KGIやKPIの目標管理、外部企業へサービス提供を行ってきました。そうした経験をバックオフィスに悩みを持つ企業様へ還元していきたいと思います。

バックオフィスの生産性を向上

バックオフィスの価値を再定義する

事業を立ち上げてから様々な経営者や経営層の方々と実際に展示会や営業で経営層の方と話してみると、バックオフィスの状況を把握していないケースや、課題を感じているが解決方法を模索しているケースが多い印象です。

バックオフィスは業務の属人化や可視化されていないことにより課題が解決できないまま組織や業務が固定化してしまい、気づけばコストや業務が肥大化しがちです。

また個々の能力に依存してしまうと、残業時間の増加や明確な評価基準がないことによるモチベーションの低下なども発生しやすくなります。そのような事態を避けるためにもバックオフィスコンサルティングが役立てると考えています。

第三者である私たちが携わることにより企業のバックオフィスの生産性向上や、そこで働く社員の方々が提供している業務の価値を定量的に再定義することで、企業の利益貢献と適正な評価の実現を目指したいと思います。

意識しなければいけないのは「顧客志向」

事業のビジョンは「バックオフィスで働くすべての人と共に新たな価値を創造するパートナー」です。当社は事業貢献できる「稼げるスタッフ」に変革するところがゴールです。そのためには手法そのものよりも、バックオフィスで働く方々の能動的に自分たちの意思で自走して業務に臨んでいただく意識が大切になります。だからこそ私たちは企業で働くスタッフの方々の「パートナー」と位置付けています。

そしてビジョンを実現するためには、私たち自身がバックオフィスの収益貢献・価値向上にコミットし、再現性のある提案でプロフィット化を目指さなければならないと考えています。私たちがまず意識しなければならないのは、お客様を知ることであり「顧 客志向」の意識です。各企業のバックオフィスの業務や社風は異なりますので、各企業にそった提案が求められます。そのため正解は1つではないですし、トライ&エラーに対して前向きな方が向いているでしょう。

新しい事業に挑戦したい方、バックオフィスコンサルティングに興味を持たれた方はぜひエントリーいただければと思います。

井筒 量子

2016年4月入社
新卒
プロダクト開発事業
/チームリーダー
Read more

中根 敬司

2022年4月入社
中途
デジタルHR事業
/グループマネージャー
Read more

中村 芽以

2017年11月入社
中途
デジタルマーケティングBPO事業
/チームリーダー
Read more
REQUIREMENTS

募集要項