COMPANY

会社を知る


デジタルテクノロジーで人と企業の成長をリードする

船井総研デジタルは、「デジタルテクノロジーで人と企業の成長をリードする」をミッションに掲げています。デジタルテクノロジーを人と企業にとってより身近で活用しやすいものにすると同時に、デジタルテクノロジーの活用を通じて日本企業を成長に導き、豊かで幸せな社会づくりに貢献してまいります。

人と企業に親身に寄り添う姿勢を大切にしつつ、デジタルテクノロジーをより身近で活用しやすいものにし、企業の変革と成長に伴走します。
「デジタルを創るのも、使うのも‘人’である」このことを忘れず、大切な社員やビジネスパートナー、そしてお客様と共に歩んでまいります。

私たちが親身に寄り添う事を大切にしている背景としては船井総研グループの創業者の舩井幸雄の言葉に『親身法』という言葉があります。

社内の"Founder’s  Spirit"のサイトでの定義は下記で、デジタルの活用をしようとしている相手に対し、リテラシーの低さや非活用度合いを否定することなく、現状肯定・プラス発想で前向きにお付き合いをしていく、ということが必要だと考えています。

「親身法」とは、親が子に対するような気持ちになって、すべてに対処することです。なにがその人のために親身の付きあいになるかを考え、できる範囲から付きあってみることで、即時効果があらわれます。どんなことも認め、好きになり、感謝することで、こちらの意向に反応してくれるようになり、また運がつきます。

お客様が来社された時、駅や空港まで送っていただいたときなど、必ずお客様が視界から消えるまで笑顔でお見送りをします。名刺交換した人、仕事をさせていただいている人、お世話になった人などには手紙を書くなど、どんなことからでも良いので、親身法を実行し、徐々にその範囲を広げていきましょう。

船井総研デジタルのミッション

事業内容

デジタルテクノロジーを、もっと身近に。

お客様の目的やニーズに応じて、最適なソリューションとサポート体制をご提供します。具体的には、当社が展開する事業は、以下の5つです。

01
Azureを中心としたパブリッククラウドの開発•運用、技術コンサルティングを行う「クラウドソリューション開発事業」
02
中堅•中小企業のデジタルマーケティングを業種•業態ごとに全面代行する「デジタルマーケティングBPO事業」
03
中堅•中小企業のバックオフィスをBPRとDXを通じて変革する「ITコンサルティング事業」
04
バーティカルSaaS(産業別デジタルプロダクト)の開発と普及を行う「プロダクト開発事業」
05
デジタル人材不足を解消するデジタル人材の育成•リスキングを行う「デジタルHR事業」

ビジョンと事業内容

SMEイノベーションパートナー

デジタルを取り入れることで経営や事業に変革を起こし、明るい未来を描こうとするリーダーの傍に寄り添う存在でありたいと願っています。

船井総研グループとして培ってきた中堅・中小企業向けの経営コンサルティングの信頼と実績を礎に、企業と経営者の‘イノベーションパートナー’となることを目指してまいります。

船井総研グループは、中堅中小企業向けのコンサルティング会社として、一定の認知度があります。

その背景には、経営者向けの有料勉強会制度「経営研究会」の会員企業約7,000社経営者向けの有料セミナーを年間開催数約1,400件グループ顧客数約10,000社コンサルティング契約社数約5,000社コンサルティング契約の継続率(更新率)約75%という、中堅中小企業を中心とする、豊富な顧客基盤があるためです。

また、日本企業の中でも、大企業と中堅中小企業の間でのデジタル活用度合いの格差は大きく、生産性の格差が大きくなっています。この格差が開き続けると、給与水準の格差が開き、、採用力の格差が開き、人不足で経営が困難になっていく...という経営格差の拡大に繋がってしまいます。

そのギャップを埋めるためには、中堅中小企業のトップである経営者に、即実践できるデジタル活用をアドバイスしたり、実行のサポートをすることが必要になります。

船井総研デジタルは、この「中堅中小企業の経営者」が、デジタル企業になっていくための「イノベーションパートナー」でありたいと考えています。

船井総研デジタルのコアバリュー

Funai Way?
Adventureship
変化を原動力に
楽しくなければ仕事じゃない
挑戦と成長を続けよう
チェンジリーダーになろう
Empathy
経営者に伴走しよう
常に成果にフォーカスしよう
いつも経営者目線でいよう
その夢、より早くより遠くまで
Integrity
良心に従おう
本業を通じて社会への責任を果たそう
誰もがその人らしく活躍できる環境をデザインしよう
よき企業市民として行動しよう

船井総研デジタルは、船井総研ホールディングスの100%子会社であり、ホールディングス傘下の事業会社の中で、2番目に大きい会社です。

船井総研グループ内でシステム受託開発事業をおこなってきた新和コンピュータサービスと、デジタルBPO・ITコンサルティング事業をおこなってきた船井総研コーポレートリレーションズが統合し、新たに誕生いたしました。

親会社である船井総研ホールディングスでは、創業来の強みである「中小企業向けの実行支援」は引き続き強化しつつ、「中小企業向けDXコンサルティング」と「中堅企業向け総合経営コンサルティング」へと事業領域の拡大を加速に進んでいます。ここにおける「大企業~中小企業向けのDX支援」を担う会社として、7月1日より新たにスタートしています。

代表メッセージ

「DX推進」というワードに代表されるように、デジタルテクノロジーを経営に取り入れる動きが活発化しております。当社グループにおいてはこれまで、船井総合研究所が中心となってDXコンサルティング分野を牽引してまいりましたが、今後はITコンサルティングやクラウドシステム開発、デジタルマーケティングオペレーションなどの領域もワンストップで対応することを目的として、船井総研デジタルの設立に至りました。

もともと船井総研コーポレートリレーションズが得意とするWEBマーケティング・営業支援・BPOコンサルティングにおける強みと、新和コンピュータサービスのシステム受託開発の信頼と実績、エンジニアの採用・育成力などを掛け合わせて、新たな事業・サービスを創出してまいります。

REQUIREMENTS

募集要項